顔用の除毛クリームで肌荒れの無いスベスベの肌に

ムダ毛処理は、女性にとって悩みの種でもありますね。
特に、顔の産毛は、カミソリで剃っている方がかなり多いようです。
しかし、カミソリで剃ると、かなり顔の肌を傷めてしまいます。産毛だけでは無く、肌の表面もどうしても一緒に剃ってしまうからです。

なるべく顔の皮膚を傷めないように、顔にも優しい除毛クリームを使うことをお薦めします。

1. ホルモンのバランスが崩れると産毛が濃くなります
男性程濃くはありませんが、女性にもヒゲ(産毛)は生えます。
しかし、それが普段より濃くなることがあります。

それは、ストレスや不規則な生活等に依って、ホルモンのバランスが崩れた時です。
女性の身体は大変敏感なので、寝不足、ストレス、環境の変化、といったことでもホルモンバランスは乱れ、男性ホルモンが優位に分泌されてしまうことがあります。

これが、ヒゲが生えたり、体毛が濃くなる主な原因です。
現代では、ストレスを抱えていない人の方が珍しいとも言えますが、その他にも、女性が男性と同等に仕事が出来る時代となり、色々な人と競いながら、少しでも良い仕事をしようとしたり、チームワークを重んじて、気の合わない人とも仕事の為に無理にも合わせようとすることが、余計ストレスを重いものにしてしまうことがあります。

自分でストレスの発散方法を見つけたり、小さなことに拘らずに大人の付き合いをすることを心がけるなどして、精神的な負担を自身に掛けないように努めましょう。
それが、体毛を濃くしない秘訣でもあります。

2. 敏感肌でも使えて、保湿効果もある物を選びましょう
女性のヒゲ用の除毛クリームは、ただ毛を取り除くだけでは、肌が乾燥してトラブルを起こしがちです。
除毛はしてくれても、肌を傷めてしまっては何にもなりません。

その為には、肌の構造をよく理解し、口周りの除毛だけでなく、保湿成分を含んだ物がお薦めです。
カミソリや毛抜きでヒゲを剃ると、どうしても肌を傷めてしまいます。
その点、除毛クリームなら、除毛後の肌を乾燥から守り、細胞間のラメラ構造を再現することで肌荒れや毛穴ケアにも効果があるので安心です。

また、元々口周りは顔の一部でもあるので、大変繊細な部位ですから、除毛クリームも敏感肌の方でも使えるように、優しい成分しか使っていません。
除毛した後、口の周りが赤くなるような強い成分を使ったものは避けるように気を付けましょう。

その為には、口コミを参考にする方法も良いですし、商品の公式サイトで、どのような成分を使っているか、また、石油系の合成成分を使っていないかを調べると良いでしょう。
大事な顔の除毛ですから、事前の調査はしっかりと行いましょう。

3. 自然の成分だけを使っている物、女性ホルモンと似た働きをする物がベスト
合成の成分を使っていない物が良いのは当然です。
また、保存料や香料と言った物も使っていない方が良いです。何と言っても顔に使うクリームですから、少しでも刺激の強い物は避けましょう。

また、除毛クリームは、大豆のイソフラボンやイソフラボンエクオールといった、女性ホルモンと似た働きをする成分が入っている物が多いです。これらがホルモンバランスを整え、男性ホルモンが優位に分泌されないような効果を果たします。

また、その他に肌に良いザクロエキス、テンチャエキス、ヒナギク花エキス、ビタミンC誘導体が、保湿だけでなく、透明感のあるすべすべの肌へと導いていきます。

多くの方が、状クリームを使用し始めてから1ヶ月程で、口周りが気にならなくなります。
当然即効性ではないので、しばらく我慢して使い続けましょう。
それまで毛抜きで抜いていた方も、カミソリで剃っていた方も、剃り跡や毛穴が気にならなくなり、更にはいつの間にかヒゲの手入れが必要なくなります。

4. 笑顔をより美しく見せるつるんと綺麗な口元へ
カミソリや毛抜きでヒゲを処理していると、どんどん肌が傷んで、乾燥しやすくなっていきます。それで、足りない皮脂を補おうと、皮膚は普段以上の皮脂を分泌し、それがニキビや肌荒れを引き起こしてしまうのです。

その点、除毛クリームなら、朝晩2回、少量を口の周りに塗るだけで、女性ホルモンに似た働きが、徐々に毛が生えてこなくなる顔にしていきます。
ストレス等で分泌されがちな男性ホルモンを抑え、主として大豆イソフラボンが女性ホルモンの働きをして毛が濃くならないようにします。

更に、肌に良い成分が配合されているので、今までより美肌にも慣れます。
また、顔用の除毛クリームは、身体にも使えますので、敏感肌の方は、身体に使うのもお薦めです。

脚の毛、足の指の毛、と処理する毛は沢山あります。
強いクリームでは荒れてしまう方は、顔用の除毛クリームを使うと安心だと思います。

笑った時の顔も、濃い産毛があるのと無いのでは印象がかなり違います。
女性にはヒゲが無い、という固定観念があるだけに、また、女性はこまめにムダ毛の処理をするだけに、顔のムダ毛も手入れをしないと目立ってしまいます。

産毛の無い、スベスベの綺麗な笑顔を顔用の除毛クリームで手に入れましょう。

◆最後に
女性は高校生位から口周りの産毛に悩まされます。
この頃は、まだ成長段階なので、女性ホルモンの分泌もまだ一定していないからです。
それ以上の年齢になると、どうしても顔の産毛の処理が必要となってきます。

そのような時、カミソリや毛抜きを使って肌を傷めず、顔用の除毛クリームで肌を守りながらより美しい肌を手に入れましょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング